新人看護師の転職に役立つ情報はこちら

新人看護師、仕事辞めたい

 

 新人看護師というと、現実とのギャップに失望して辞めたいと思う人は多くいるようです。

先輩の厳しい指導や、もはや指導ではないいじめ、希望していないのにicuやオペ(手術)室、救急外来など新卒では厳しい部署に配属されて辛い思いをしている新人看護師、患者さん一人ひとりと向き合うことができないくらいの激務、ぎりぎりの入院があって残業しても新人だから能力不足と残業代をつけてもらえないなど、理不尽な思いをして心がおれてしまう新人看護師もいます。

そうなると、体調を崩してしまって看護師に戻ることができないという人や、看護師に戻りたくないと思うようになってしまい看護師の道を閉ざしてしまう新人さんもいます。

でも看護師という仕事は、可能性がたくさんある職業です。辞めてしまうのはもったいない。

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]





そうなる前に、新人看護師だったとしても勇気をもって転職することは、長い人生の中で賢い選択になります!

 

 自分ができない人間なんだと落ち込まないでください。
辛い実習を乗り越え卒業し、国家資格を取得できる能力があるんですから。

職場環境があっていなくて、先輩が恐くて萎縮してしまっている状態かもしれません。

私がそうでしたが、新人看護師時代、きつい性格のプリセプターが担当になってしまい、名前すら読んでもらえず、ずっと「あんた」と呼ばれていました。無視されたり、舌打ちされることも多々ありました。

自分がプリセプターをするようなって、新人だった時のことを思い出すと数々の考えられないことをされていたなと、胸が苦しくなります。

新人看護師の宿命だと我慢せずに、もっと早く転職していた方がよかったと思います。






失敗しない転職の仕方

 

 新人さんだと、初めての転職活動になると思います。

新人看護師なのに採用してくれる病院はあるのかな?など不安はつきないと思います。でも大丈夫です!どこの病院も新人さんを待っています。

ベテラン看護師よりも、経験年数が浅い新人看護師を採用したいと思っている病院は多いんですよ。

でも、面接の時にしっかり自分のことを話せることが必要になってきます。

 新人看護師の転職は辞めるに至った理由を、必ず聞かれると思います。体調を崩してしまったとか、指導がきつく耐えられなかったなど、本当のことを言ってもいいと思います。でも前職場のことを悪く言うことだけは避けた方がいいので、自分に問題があったという謙虚な表現がいいと思います。

病院側も、新人指導の厳しい病棟があることは理解していると思います。「いじめにあったんだろうな。」と言わなくても察してくれます。

前回の経験を反省し生かして、これから自分はどんな看護師になりたいかなど、素直な前向きな気持ちを伝えることができると良い印象をもってもらう事ができます。

それに、辞めた理由を正直に言うメリットとしては、配属される病棟を自分に合ったところに配慮してもらえたり、人間関係が良いところであったり、プリセプターもきつくない人を担当にしてくれる事があります。



転職サイトの利用

 

 私が、初めて転職を考えた時、新人なのに辞めてしまった私なんて採用してもらえるのだろうかと心配で、なかなか行動に移せませんでした。

でも、ある看護師の転職サイトをネットで見かけ、断られるかもしれないと思いながら登録してみました。

すぐに電話があって、新人看護師も歓迎といって頂き、詳しい打ち合わせをしました。

完全無料で、希望条件に合わせた病院を紹介してくれて、面接も一緒に同席してくれるという夢のようなサービスでした。

それに、担当の人は親切でとても心強かったです。新人看護師特有の悩みも理解してくれてアドバイスもしてくれました。

 面接の時、私は看護師として採用してもらえさえすれば良いと思っていましたが、担当の人がしっかり交渉もしてくれて給料や、待遇についても申し分ない条件にしてもらえました

完全無料で転職を手伝ってくれるなんて怪しいと思いますが、紹介した看護師が採用されたら、その就職先から転職サイトの方にお金が支払われます。

病院の多くが看護師不足なので、紹介料を払ってでも看護師を確保したいのが現実なのです。

こういった看護師専門の転職サイトを利用したからといって、お礼奉公のような、何年働かないといけないといった縛りもありませんので、利用しない方が損な気がしますね。

看護師転職サイトに3社程度登録しておいて、条件に合う転職先の情報をもらって希望のところがあったら、そこから転職活動を始めるという方法もあります。
なぜ、3社としているかは、1社だけだと、比較できないからです。紹介会社が大人の事情で、特定の病院ばかり一押しする場合、メリットばかり聞かされるので、デメリットな部分が見えず、つい本当の詳しい情報を得ることができずに就職してしまい失敗する事があります。
だから、1社だけに、頼ってしまうのは危険という事です。

約50社以上ある看護師専門の紹介サイトから、口コミ評価が高く、多くの看護師さんが利用し信頼を寄せているものを厳選しました ↓  ↓  ↓
※私も、3社ほど登録しています。

お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]





↑最近、勢いのある看護師専門の転職サイトです。サービスも申し分なく、好条件の非公開求人が多数あるので登録して覗いてみてください。新人看護師さんも大歓迎です!すぐに転職したくなること間違いなし!




ナースパワー人材センター





↑新人看護師さんの悩みもよく理解しており、私がはじめて利用した看護師専門の転職サイトです。登録者も多くCMでお馴染みのナースパワーです!




登録はこちら≪MC─ナースネット≫





↑今現在登録したままの看護専門の転職サイトです。こまめに条件の良い転職先の情報を送ってくれています。今の職場は気に入っているのですが、かなり条件がいいものがあると、つい転職したくなってしまいます。



私も今は転職する気はないのですが、いざという時のために常に3社は登録しています。看護師求人情報を見るのが趣味の一つになってきています。

 登録しておくと、いざという時にすぐに行動できるのでお守りになりますよ。

転職した結果

 このサイトでは私が新人看護師の時に、こうしていたらよかったという事をかいています。

反省点が多く、書ききれないほどあるので抜粋してご紹介しています。

まず、初めての転職活動の時は、かなり精神的に落ち込んでいたのに、面接で全面的に『がんばります!いちから勉強しなおしたいです!』と、いかに良く見せようと演じてしまいました。

だから、その病院では3人、経験の浅い中途採用の看護師が入ったんですけど、ここでもまた、とてもきついプリセプターがつきました。他の子には優しいプリセプターがついていました。

面接では、あまりよく見せようと演じなくてもいいのではないかと思います。普段通りの自分も見せた方がいいですね。

今の自分は、新人看護師レベルで不器用だけど、努力していきたい…くらいにしておけばよかったと思います。

結局、その病院も1年6ヶ月ほどで耐えられず転職する事にしました。
辞める時はなかなか辞めさせてもらえず、かなり精神的に参っていました。勤務先の上司から心療内科の受診をすすめられ、適応障害の診断がつきました。

そして、やっと辞められるという…。

体重も40kgをきるくらい食べられていませんでしたね。
今ある体重を、少し分けてあげたいです。

そしてまた、別の看護師転職サイトに登録して、今度は嘘偽りにない本当の希望条件を伝えました。

看護師転職会社の人には、いいかっこしなくて良いんですよね。
初めての時は、看護師転職サイトに登録するのも面接のような感覚で登録していました。

そして転職した病院は、こんな職場があったんだと『目からうろこが落ちるってこのことなんだな』という程、良い職場に出会う事がができました。新人の時に出会っておきたかったです。

今までの勤務先が、異常だったんだと思うけど、看護業界ではその異常な割合の方が高いんですよね。
目からうろこが落ちた病院も、看護師の入れ替わりがあるごとに、職場の雰囲気は変わりました。

良い時もあれば、悪い時もあり。

その悪い時期に、入職してしまうと、新人看護師は辛いです。だから職場見学の時に、しっかりナースステーションの様子をみてください。雰囲気でなんとなくわかります。



新人看護師が転職した理由


 《 小児科でどうしても働きたかった新人看護師   岡山県 》

看護学校に入学する前から、子どもが大好きだったので小児科ナースになりたいと強く願っていました。面接でも希望を伝えていました。しかし配属されたのはターミナル病棟でした。正直な気持ちを看護師長に話し、2年目には小児科病棟に移動したいと希望すると、そこから先輩看護師たちの風当たりがきつくなってしまいました。
「新人のくせに生意気」と陰口を言われているのを聞いてしまいました。
そんなつもりではなかったのに、気持ちも暗くなってきてしまい体調を崩しがちになり、転職を考えるようになりました。
でも、1年未満の新人の転職は履歴書にかくと不利になるのではないかと思い、思い切って助産師の学校に入学して、より知識を深めようと思いました。そして、学校に通いながらもパート看護師や夜勤バイトができる病院に転職する事を決めました。また学生にもどって試験勉強をしなければいけませんが、キャリアアップのためと思って奮闘しています。


 《 精神科病院に転職した新人看護師1ヶ月   京都府 》

 おっとりした性格でどちらかというと不器用で慢性期病棟を希望していたのに、脳外科に配属されてしまいました。完全に場違いな感じで、ついていく事ができず問題児扱いされていました。毎日「死んでしまいたい。」と思い詰めてしまうようになり、とうとう看護師を離職してしまいました。実家に帰り6ヶ月程何もせずに過ごすと、エネルギーがが充電されたように、また看護師として働きたいと思うようになりました。
自分が精神的に悩んだ事がきっかけで、精神科看護師に興味がわきました。精神科病院は看護師の人間関係も一般化と比較してギスギスしていないという話を聞いた事も選んだ一つです。
看護師専門の転職サイトに登録し、新人教育が整っている病院を希望しました。また1から指導してもらう事ができる病院に入職する事ができ、先輩看護師も優しくて、この道のプロという感じがして、憧れの存在もできました。
精神科看護師としてコミュニケーションのプロを目指したいと思います。

☆新人看護師が転職した理由、随時更新中です☆

 

サイトマップ